私の日常をご覧にいれましょう


by happaya-d

<   2009年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

見学は楽しい

木曜は武術の日ですが、体調が優れないので運動はお休み。
でも、人数が少ないと淋しいと思い、にぎやかしのつもりで見学しました。

普段は皆と一緒にそろってトレーニングするので
いっぱいいっぱいですが、この日はそれをのんびり見ていられます。
これが思ったより楽しい。
小学生から大人まで並んで同じ動きを一生懸命やっているのです。
なんだかかわいい。
子供も大人もなぜか我が子のような気がして(変だけど)。
特に、いつもなら私の前後に並んでいる主婦の方達がかわいい。
かわいい奥さん世代が見たいというマニアの方にはおすすめの道場です。

そして私の感動をさそったのは日頃3人親子で来ているご家族のお父さん。
幼稚園にあがるちびっこのお父さんですからまだお若いのですが、
最初は息子さんのために付き合って来てくれているのだと思ってたのに、
最近の上達ぶりが本当に素晴らしい。
獣医さんをしているので本当は忙しいし疲れるはずなのに、
バリバリにやる気満々です。
固かった体がみるみるやわらかくなり、
動きも軽やかになっていくのを日々拝見していて、
「やっぱり、何事もコツコツだよね〜。」
と独り言を言ってしまいました。

来週には私も復活してトレーニングに加わります。
来月には昇給試験があるから、頑張らないと!

本日の一言。
「気長に気楽に執念深く」
[PR]
by happaya-d | 2009-01-30 09:06 | 日常

早寝早起き計画

体の代謝が落ちているし、不健康な生活を見直さなければという理由で
ここしばらく「早寝・早起き計画」を実施中です。

これまでの私の生活では、夜中まで仕事をして、
朝は8時過ぎに起きるというひどいもの。
それを毎日15分ずつ寝る時間と起きる時間をずらしていき、
今はやっと夜10時半に寝て朝6時30分に起きるところまで来ました。

すると体の調子がすごくいい!
朝から走れちゃうくらい体が軽い軽い。
すごいものですね〜。

朝起きると、だいたい父がリビングの掃除をしています。
どうせ昼間に母か私が掃除をするのですが、
まぁ…ようするに父は目覚めが早すぎてやることがないので。

そして母がこれまでは7時前に起きてきて食事の支度をしていましたが、
今は私の方が早起きなので食事の支度(の準備)と洗濯と仏様の世話を
一気に私がやります。
これが本当の朝飯前ですね。

ポテトと一緒にバルコニーで洗濯物を干したら朝ご飯。
うーん。気持ちがいい。

ところで、「早起きは三文の得」と言いますが、
早寝・早起き計画を始めて7日間は経ちました。
ということは今の所は21文くらいは得したことになりますかね。
21文は現在のお金に換算すると400円くらいかな?
金額にすると大金ではありませんが、お店のポイントカードなどと
同じ様に考えるとかなり良いですよね。

似た様で別の話ですが…
「チンする」という言葉があります。
「電子レンジで温める」の意味ですが…
これが「実際はチンなんて音はしない」「おばさんっぽい」
などの理由で嫌う人が多いそうです。
ですが!
例えば、誰かに伝言するのに
「電子レンジで温めて」
だと9文字です。これに対して
「チンして」
だと4文字。5文字の節約。
5文字は大したことありませんが、年間にすると1825文字。
なかなかのエコぶりです。
100歩ゆずってチンする料理が多い10月〜3月に
限定したとしても912文字。
加えて言うなら「電子レンジで温めて」は
漢字とカタカナとひらがなが混ざっていますが
「チンして」ならカタカナとひらがなだけですから
お子様や外国人の方にもやさしい。
地球にやさしく、人にやさしい「チンして」を
これからもよろしくお願いします。

本日の一言。
「チンしない料理の方が環境にはやさしいですが」
[PR]
by happaya-d | 2009-01-28 18:02 | 日常

指をサクッと

今日は母を連れて富士宮でランチをしていました。
すると、調理師をしている兄からメールが…。

「包丁で指を切ってしまい、今病院に行って来た所。」

そんなことでいちいち病院に行くのかなと思いつつ、一応電話してみると

「骨が見えた。」

きゃーーーーー!!! ・゚・(。>ω<)・゚・

ランチしていた所から兄のアパートまではそれほど遠くないので
様子を見に行くと、まるでマンガのようにすごい包帯。
もちろん何針か縫ったらしいです。
なのに兄は怪我した直後はバンソーコをペチョッと貼って
やりすごそうとしていたとのこと。
それを他のスタッフが見つけ、
「ちっ!血だらけじゃないか〜!!!」
ということになり病院へ。

家に帰ると今度は父が
「風邪引いたかも。薬ちょーだい。」

昨日はポテトが転んでビッコひいてたし…。

本日の一言。
「痛いの痛いのとんでけ〜!」

画像は富士宮のフォレストヒルズレストラントスカーナで食べたランチ。
e0127286_2110475.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-01-27 21:10 | 日常

2度目の失敗

今夜はかなりヘコみました…。
また失敗。(>_<)



男の人向けの本屋さんに入っちゃった…。


前にも一度やっている失敗なのに、また。
前の時は飛び込んだ途端、
「あっ。これは違う!」
と分かるくらい分かりやすいピンク色な世界だったのですが
今回は見た目では全然わかりませんでした。

「あれ?なんだかマンガやビデオがいっぱいだなあ。」


でも、私がほしかったのは雑誌だから、まぁあるだろうと思って
キョロキョロしていると、親切そうなお店のおじさんが

「すみません…ここ、女の人向けの商品ないんです…。」

きゃーっ。

私「そ、そうなんですか?ごめんなさいっ。」
逃げる様にお店を出ていく私。
他にお客さんいなくてよかった。

私はこの手のセンサーが鈍いのでしょうか。
というより…この本屋さん、久し振りに入りましたが
以前は絶対に一般の本屋さんでした。
いつから変わったの?(00;)
もっと分かりやすくしててほしかったです。
たとえば、お店の看板にトイレの男性マークをつけておくとか。


それと、もうひとつ思ったのは…
やっぱりこういうお店って女の人は入らないんでしょうか?

例えば、
1.ビジネスとしてその業界にいる女性(制作または出演または販売)
2.ただ単に興味があってお客さんとして来店。
3.絶対に逆らえない買い物命令を受けている場合。などなど。

ないかもね。
他のお客さん(男の人達)もひいちゃうだろうし。

本日の一言。
「私はDeAGOSTINIがほしかっただけなんだ」
[PR]
by happaya-d | 2009-01-22 23:52 | 日常

父の携帯電話

父が携帯電話を家に忘れて静岡市まで出かけてしまいました。

帰って来て、
「間違えて、コレ持っていっちゃった。」
と鞄の中から取り出したのは…



無線機。



ベタだなー。
リモコンよりはまだマシかも。

本日の一言。
「電波の届かない所にいるか、電源が入っていないためかかりません。」
[PR]
by happaya-d | 2009-01-20 23:29 | 日常

電柱の埋めかえ工事

仕事中、「ガタガタガタ…」と激しい音がしているので、
気になって窓の外を見てみると!

電柱の埋めかえ工事をしていました。
こういう作業現場が大好物です。

バルコニーからこっそり隠し撮りしました…。

本日の一言。
「作業服も好きなんですが」
e0127286_11421188.jpg
e0127286_11421913.jpg
e0127286_11423089.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-01-17 11:42 | 日常

存在感の薄い電話

〆切中でふらふらだけど、気分転換に日記書きます。

ごく普通のことですが、うちの家族はそれぞれ携帯電話を持っています。
そして、私は仕事でFAXを使っています。
というわけで、家の電話が鳴った時、9割以上はFAXです。

FAXならば呼び出し音が2回だけ鳴ってFAX受信に切り替わるよう設定してあります。
電話だと鳴り続けます。

だいたい大事な電話は一人一人の携帯電話にかかってきますから、私達はやがて家の電話が鳴っても「FAXだろう」と思う様になりました。
そうすると、文字通り呼び出し音を聞き流すようになってしまいます。

不思議なことに、呼び出し音が鳴っていても、それに気づかなくなります。
人間って、何にでも慣れてしまうんだなあ。

たまーに本当に電話であっても、誰もそれに気づかないこともあります。
もう、聞こえないのです。
運良く電話に気づき、出たとしてもセールスの電話だったりするとますます真面目に電話にでなくなってしまいます。

だから、我が家と連絡を取りたい場合は携帯電話にかけて頂くか、またはメールで「電話に出てくれ〜」と伝えるか…。
そうでなければ、ちょっと変ですがFAXで「電話に出てくれ〜」と送ってみるのも成功へのカギ。

本日の一言。
「電話には誰もでんわ」
[PR]
by happaya-d | 2009-01-17 03:01 | 日常

ぐるっ酒取り寄せました

ぐるっ酒をご存知でしょうか。
テレビで紹介されて大人気になったそうですがそのタイミングを私は知りません。

ヨーグルトのお酒で、「ぐるっ酒」(ぐるっしゅ)。
私は静岡のお店で偶然出会い、
「あのお酒にもう一度会いたいなあ。あのお酒はどこの誰だったんだろう…。」
などと心が千々に乱れていたのですが(ウソですが)、

「あ。インターネットで探せばいいじゃん。」

パソコンにべったりくっついて仕事しているとは思えない発言の末についに見つけました。
…探し初めて30秒で買い物かごに入れてましたが。

この「ぐるっ酒」。
5本セットで2000円。
税込み。送料も込み。
味はドリンクヨーグルト。でもお酒。
まろやかで飲みやすく、なんとなくビンもかわいい。
牛乳瓶に牛模様で、表にはでっかく「ぐるっ酒」と。

本日の一言。
「丑年にピッタリのお酒」
e0127286_19524010.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-01-14 19:53 | 日常
クロアチア旅行は一通りレポートしましたが、
「そういえば飛行機の中でこんな人がいたなあ」
と思いださずにはいられない旅先の外国の人を日記に書きます。


その1 「ひたすら雑誌をやぶく女の人」

飛行機で、私の前の席だった女の人。
国籍は分かりませんが、普通に英語をしゃべっていました。
一緒に旅行に行ったS子さんが
「見て!あの人、雑誌をさっきからずっと破いてるよ。」
と言うので、座席の間からそっと覗いてみると…
飛行機にそなえつけの(つまり公共のもの)雑誌を
片っ端からびりびりと景気よく破きたおしています。
その勢いは「ストレス解消?」と思わせるほど。
何十ページも破き、破いたページをたばねてネットポケットに突っ込み、
私達に「まさか」と思わせた通り、
破きまくって軽くなった雑誌の方をご自分のバッグにしまいました。

S子さん「普通、やぶいた方をバッグに入れるよね。」
私「と言いますか…破いちゃダメなんですよね?コレ。」


その2「何時間も座らない男の人」

これまた国籍は不明ですが、男の人です。
ジェントルな感じの体の大きな50歳前後の人。
この人、飛行機のシートベルト着用マークが消えた途端、
席から立ち上がり、両手を腰に、
片足を自分の席に乗せて、背筋はまっすぐ。
悠然と遠くを見つめたまま何時間も立ち続けました。
このフライト、ドイツから日本まででしたから12時間くらいあります。
そのうちの半分以上をこのスタイルで過ごしていました。
乗務員のお姉さん達も他のお客さんも誰も咎める人はいません。
不思議だなあと思いながらも、私達もあまり気にせずテレビを見ていました。
途中、私などは眠くなり寝てしまったりしましたが、
目覚めてもおじさんが立っているのを見て
「ああ、まだあのままか。」と思って…。
そのうちいつの間にか座っているのを目撃してちょっと残念。
でも、機内食を食べた後また立っているのを見てなぜかホッとしたりして。

私「かなりの時間、立ってる人いましたね。」
S子さん「立ってたね〜。かなり座らなかったね。」
私「痔でしょうか。腰痛でしょうか。」


その3「かわいい入国カード」

最後は若い男性で、まつ毛の長いかわいい人です。
私の右隣に座っていました。
この人、CAに「サーモンorビーフ?」ってきかれているのに、
「ニホンノ、ホウ クダサイ。」
と和食を要求。
この人、日本語を頑張って話そうとしてるなあと思っていると、
どうやら日本語の読み取り勉強テキストをやっている様子。
ちらっと見えた感じでは「建築」などの難しい字の読み取りがありました。
日本に住むための来日でしょうか。
やがて彼は入国カードを書き始めました。
なぜか2枚書いています。
片方は日本語のものです。これも勉強なんだな。
そのうち彼が寝てしまい、私は読書に夢中になっていましたが、
彼が書いている入国カードが2枚とも足下に
落ちてしまっている事に気づきました。
拾ってあげよーと思ってかがみましたが、手が届かず。
でも、その時目の良い私には見えてしまった。
日本語の方の入国カードの国籍の欄に、すごくカワイイ字で
「フランス人」。
入国カードはミシン目を隔てて左右同じ事が書いてあるはずですが
もう一つの国籍の欄にはやはりカワイイ字で「フランソ人」。
がんばってカタカナ書いてみたけど、難しかったかな。
笑いをこらえていると、彼が目を覚ましました。
「落ちてますよ。」
とわざと日本語で言うと、彼はすごく嬉しそう。
「日本人に日本語で話しかけられちゃったー!」という顔。
でも、「落ちてますよ」の意味は分からず。
私が足下を指しているのでやっと気づき、
「アリガト、ゴザマス。」
本当にカワイイ。

画像は…
1. 自分用に買ったドブロブニクの絵はがき
2. 機内販売で衝動買いしたトリュフ(誰か食べ方教えて)
3. 旅の前に友達にもらったお守りのトルコ石。
今回はこのおかげで体調も靴も絶好調でした。

e0127286_23582289.jpg
e0127286_23583294.jpg
e0127286_2358437.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-01-10 23:58 | 旅行記

年明けは明るく

私が旅行に行っている間に、家では小さな事件が起きていたらしいです。

4日。
父の誕生日。
この日父も家族もご機嫌だったのに。

父が玄関で車をちょこっとぶつけてミラーをもいでしまった…。

↑↑↑
実は、旅行行く直前に
「お父さんの運転、最近少し荒いような気がするから、
もし私がいない間に何かあったら頼むよ。」
と母に言っておいた私。

父、落ち込む落ち込む。
ため息だらけ。

続いて、いつもはトイレ名人のポテトが座敷でオシッコをしてしまう。

父、関係ないのにまたもや落ち込む。
「今年は最悪…。」

そのうち、あれも心配、これも気になると言い出し…
母から見るとどうも父は「心配事を探してる」。

ついに母がキレ、
「んも〜! うるっさ〜い!」

ピタっ。
父の落ち込みがウソのように止まったそうな。

私は帰って来てからその話を聞いて爆笑です。
車のミラーとポテトのオシッコで台無しになる一年てなんなの?

私が危惧していた父の運転も、誰かをひいてしまったり
自身がケガをしたりにならなかったのだからある意味警告ですんだのです。
不幸中の幸い。

父が2万、3万…ヘタすりゃもっとかかるかもと思っていた
車の修理代も、知り合いの業者さんが在庫をうまく用意してくれて
すごく安くあがり、それだけで父は…

「今年はすごくついてる!」

単純。
今日もオシッコ名人のポテトと一緒に寝ています。

本日の一言。
「落ち込んでも何も拾えない」
e0127286_0505332.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-01-10 00:50 | 日常