私の日常をご覧にいれましょう


by happaya-d

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

だじゃれぬーぼ2009 vol.6

ポルトガルの人里はなれた草原から

フルムーン夫婦とウィンドサーフィン部の2人、迷いジャコウ牛を発見。

妻「あなた、飲ませてもらいましょうよ。」

夫「嫌だ!あんなわけのわからない動物の乳が飲めるか!」

部長「ジャコウ牛はポピュラーな動物ですけどね。」

副部長「それにきっと野生じゃないですよ。本来寒い地方の動物ですから。」

夫「なんか毛が長くて気持ち悪い!まともな乳が出てくるとは思えない!」

妻「あなた、いいすぎよ。何か好きな飲み物だと思って飲めばいいでしょ。」

夫「じゃあ、あれ(ジャコウ牛)のそれ(乳)をしぼるとカルピスでも出てくるっていうのか!」

妻「そりゃ無理だけど…。」

部長「でもコレをしぼるとカルシウムは確保できますから。」

副部長「そう、イライラがなくなりますよきっと。」

本日の一言。
「メスかどうかもわからないけど」
[PR]
by happaya-d | 2009-05-29 10:42 | だじゃれぬーぼ

消えた鎌足の真実

今朝、めずらしく父が2階に上がってきて私の部屋に来ました。

父「おっかしいんだよなー。金魚がいないんだよ。」

【我が家の金魚】
名前:藤原鎌足。
10年以上前、金魚すくいで私がゲットした和金。
柿本人麻呂、中大兄皇子と共に水槽の中で暮らしていた。
他の2匹がこの世を去った後は競争もなく1匹でのんびりエサを食べる日々。
年々大きくなり、体長15センチくらいにはなっていた。

それが今朝、こつ然と消えていることに気づいたそうです。
時系列に事情を整理すると次の通り。

昨夜
19:00 母が最後にカウンターの上の金魚を確認。
22:00 父とポテトが水槽の前を通って父の寝室へ。ドアは閉めている。
24:00 母と帰省中の兄が就寝、2Fへ。この時金魚は見ていない。
24:10 私、友達と食べた夕食の焼肉とビールとアイスのタタリでお腹を壊し、トイレにしばらくこもる。
25:00 私、キッチンで水をもらって就寝。水槽の前を通るが金魚に気づかず。

今朝
5:00 父起床。ポテトはまだ父の部屋でねぼけ中。
5:30 父ゴミ出し。水槽の前を通るが違和感なし。
6:30 母起床。うろうろするも水槽の中に注意を払わず。この時ポテトはキッチンの隣のリビングでのんびりしているのを目撃される。
7:00 兄起床。朝食の仕度。水槽の前で作業するが何も気づかず。
7:30 私起床。ぼーっとしながら自室で着替えなど。
7:40 ポテト朝食。そしてみんなが金魚がいないことに気づく。

つまり、夕べ母が夕食の後片付けで食器を洗っている時に
(目のやり場として)金魚を確認してからは
家族全員が水槽の前をうろうろしているのに、
誰も金魚を意識していなかったということですね。

真っ先に疑われたのはポテトと兄です。
ポテトから見ると鎌足は先輩であり、
ゴハンをもらう順番も金魚の次というお約束を守ってきました。
でも、最近その順番がいつの間にか逆転していたのも事実です。
ひらひら泳ぐ魚を見て「いつか食べてみたい」と思っていたかもしれません。
ただ、猫でもないのにカウンターに乗り、
色んなものの乗っているカウンターの上を
何も倒さずに水槽まで歩いてさらに中から金魚を獲るのは不可能です。
ただでさえトロいポテトだし、昆虫を見てもぼーっと見ているしか出来ない子です。

一方、兄は無類の魚好きです。
一人暮らしをしていても魚中心の食生活。
得意料理はサンマの蒲焼きです。
おまけに、時々は帰ってきますが基本的に家を出ているので
鎌足との思い出が兄にはありません。
水槽は生け簀に、金魚は食材に見えていた可能性もあります。
ただ、兄はとても大人しく人畜無害です。
何か生き物を殺している所を見たのはクモとゴキブリくらいでしょうか。
しかも「うわーっうわーっ」と言いながらちょっとびびっての殺生でした。
第一ゴミを確認しても魚をおろした跡がありません。
そして本人は「今回は殺ってないし。」と言っています。

だいたい、水槽には蓋がありました。
これがはずれていないからポテトには犯行は不可能です。
かろうじて4センチ×15センチくらいの窓があいているので
そこから金魚自身がピョーンと出てしまうこともあるかもしれない。
でも、それはプリンセステンコーなみの難易度です。

動機はあるが手段のないポテト、動機は薄いが手段のある兄…。

どんなにカウンター周りを捜索しても、鎌足は見つかりませんでした。
しまいには『ドロボー現金を見つけられず代わりに金魚を誘拐説』まで浮上。
不思議だ不思議だと言っていたとき…

「あ。」

それを発見したのは私でした。
水槽のあるカウンター下の床。
小さくてわかりにくいけど、2、3枚の赤いウロコがありました。

「ウ…ウロコが!やっぱり現場はここです。」

間違いなくそれは鎌足のウロコでした。

「そして、犯人は…あなたです!」

当然ポテト。
しかし直接の死因は水槽脱出による窒息死だと思います。
ゆうべ25:00に私が寝てから、今朝5:00に父が起きるまでの4時間。
いつなのかわかりませんが水槽の蓋の小さな窓から鎌足は飛び出したのでしょう。
それはほとんどミラクルな確率でしたが前例はあるのです。
以前に飛び出した時は発見が早く、鎌足は助かっています。
しかし今回は運悪く真夜中の事故で誰にも気づかれませんでした…。
朝5:00に父が起き、5:30にゴミ捨て。その間鎌足はテーブルの下にいたはずです。
既に息をひきとっていたでしょうから、ピチピチすることもありません。
そして、母が起きる6:30までの1時間。
いつの間にか起きて父の部屋を出たポテトだけが視線が低く、テーブルの下に落ちていた鎌足に気づいたのでした。

元先輩、しかし既に亡くなっている。
前足でつつくも鼻でつつくも動く様子なし。
ポテトはお腹をすかせています。
「食べて供養」なんてことは多分ポテトは考えなかったと思いますが。

ポテトの容疑が濃厚になった頃、物証が出ました。
午後、ポテトが出したウンコ。
ごくごく普通のありふれたウンコでしたが、
よく見るとキラキラ光る透明のウロコが。
ああ、やはりポテトの糧になっていましたか…。

10年選手の藤原鎌足金魚。
まさかこんな形でさよならするとは思いませんでしたが、
いままで見送ってきた金魚達とくらべてなぜかあまり悲しくないのは
遺体を見る事ができなかったせいなのか、
それとも生き物が生き物を食べて自然に帰ったからなのか…。
なんにしても長年我が家にいてくれてありがとう。

本日の一言。
「さよなら鎌足」
e0127286_17565220.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-05-25 17:56 |

頭がへこんでふくらんで

おでこを打ちました。

昨日の夜、「お風呂入ろー」と思って真っ暗な廊下に出た時に。
お風呂は私の部屋のすぐ前です。
廊下を挟んですぐなので、電気をつけずにいたのがいけなかった。

ガンっ。

あまりの衝撃に目の前が真っ暗だったのにちょっとだけ明るくなりました。
柱の角にぶつけたのでちょうど上手におでこに縦線が入り、へこみました。

今朝起きたら…ふくらんでました。
押すと痛いです。
コブってやつですか。

本日の一言。
「でも、同じ所でおでこ打つの2回目」
[PR]
by happaya-d | 2009-05-24 22:58 | 日常
ついにデザイン山を下山しました。
(まだ仕事残ってるけど)
と、いうわけでヒマになった途端、
実にどうでもいいことがやりたくなります。

我が家には何ヶ所か勝手に灯りがつく場所があります。
よく駐車場などに設置されている「センサーライト」。
あれが家の中にもあります。
家の改造に改造を重ねた結果、灯りのない場所に倉庫を作ってしまったり、
ただただ電気が壊れたり…事情は様々ですが、
とにかくセンサーライト。
人が通ると勝手に電気がつきます。

階段にもあります。

それで今日の私の挑戦!
「センサーにひっかからずに2Fへたどりついてみよう」

つまり、ゆっくりゆっくり動けば景色の変化に気づかないんじゃないかということですよ。
そよぐカーテンや犬のポテトに反応するということは、
人間であるかどうかは関係ないはずですから。

静かにスタート…!
  ↓
体を低くしてみる
  ↓
毎秒1cmのなめらかなコマ送り
  ↓
だるまさんがころんだ
  ↓
そっとセンサーを見上げる
  ↓
所詮機械だね…気づかない
  ↓
4段目まできたぞ…
  ↓
あっ階段下にポテトが座ってる!
  ↓
こないでくれ!あがってこないで!
  ↓
(ポテト、じっと座って私を見てる)
  ↓
よし…5段目。
  ↓
6…7…。
  ↓
暗い階段に這いつくばって何してるんだろ…
  ↓
8…真ん中まで来たぞ!
  ↓
ゆっくりセンサーを見上げる
 ↓ ↓ ↓

 点灯。

ああああ。
8段が限界か。

念のため(なんのための念のためだか)、
這いつくばらずに立ったままでも挑戦してみました。
結果は4段目くらいで点灯。
高さも関係あるのか、それとも動きが大きいせいなのか。

センサーまでの距離が近いと、少し動いても気づかれますね。

本日の一言。
「金庫破りの気持ちがわかりました」
e0127286_2251475.jpg
e0127286_2252387.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-05-19 22:05 | 日常

だじゃれぬーぼ2009 vol.5

アフリカ西海岸の港から

ウィンドサーフィン部 部長と副部長仲良く遭難。

「上陸させてもらえるようにお願いしましょうよ。」
「入れてくれねーんじゃね?こんな密入国っぽさ。」
「とりあえず頼んでみて下さいよ。上陸したいですよ。」
「どこだよココ。」
「覚えて下さいよ。シエラレオネですよ。」
「そんな国あったっけ。」
「無作為に着岸してたどり着くの3回目ですよこの国。」
「知らねーオレ。」

教えられ
お願いするの3回目
何回来ても
初めての国

本日の一言。
「風の神様、風の神様、どうか二人を守って。」(某名台詞より)
[PR]
by happaya-d | 2009-05-18 23:44 | だじゃれぬーぼ
どうにもこうにもデザイン山が深いので
現実逃避のために日記を書きます…。

来月、父の日がありますね。
今月の母の日は母が勝手に何か気に入ったモノを買ってきて
それを兄と私で半分ずつお金を出すという暗黙のルール。
ところが父は欲しいものがなく、何も買わないので
そういう事後承諾っぽいことが不可能です。

今日、念のため訊いてみました。

私「来月、父の日があるけど何かほしいものないの?」

父「あるある!オレが一番欲しいものって何だと思う?」

この手のクイズって結婚前の女性が出すものだと思ってましたが…。
一応考える振りをして答えました。

私「食べ物とか。」

父「はずれでーす。身につけるものでーす。」

私「ふーん。何ですか?」

父「今なくて困っているもの。足りなくてほしいほしいと思ってるもの。」

私「ふーん。何ですか?」(めんどくさい)

ところが母が突然解答。

母「わかったー!!カツラだ!カツラ!」

父「違う違う!足りなくて困ってるものだってば!」

母「だからカツラ!毛だ!毛!!」

私「で?何なんですか?」

父「靴下でーす。」

父の言うには…(以下、父の力説)

「まず、去年の父の日に買った5本指の靴下が5セットある。
このうち、実際に使っているのは3セット。
さらに前の年に買って大切に保管していた2セットをおろし、
今は合計5セットの靴下を上手にぐるぐる使っている。
職場関係では靴を脱がないが、年に何回かそういう機会がめぐってくる。
たいていは大掃除の時や、歓送迎会の時。
先日うっかり靴をぬいだら、大切にはいている5本指の靴下の先が
破れて穴があいてた。
しかもお母さんがテキトーに補修した後なのですごくかっこわるく破れてた。
よりにもよって5本指の一本だけ穴があいていたので
『あ、穴があいてますよ』なんて言われちゃって。
『コレはわざとだから。水虫にならないようにと思って…。』
いいわけしたけど恥ずかしかった。
早く次の靴下を買わないと、また笑笑みたいな店で恥をかいてしまう。」


そこまで言うなら靴下を買ってあげよう。

父「実際に恥をかいているのはオレじゃなくて、お母さんだからね。」

つまり、補修の甘さみたいな意味で言ってるんでしょうけど、
当の母はまだ「カツラカツラ」と言って笑っていました。

本日の一言。
「なんで2セット残してるのかホントわからない」
[PR]
by happaya-d | 2009-05-17 01:51 | 日常

スズメの親子を激写

うちの庭には毎年鳥がやってきて巣を作ります。
卵を産んで、ヒナがかえり、巣立って行きます。

今まではツバメやハトでしたが、
今年はスズメが来ています。
今日、飛ぶ練習をするヒナと、
そのヒナにご褒美のようにご飯をあげる
お母さんスズメの様子を撮ることができました。

ちなみにご飯は私が買ってきた野鳥のエサ
(主にヒエとかヒマワリの種)です。
石の上にちょこっとばらまいておいたのでした。

本日の一言。
「油断してたらツバメの巣も私の部屋の出窓外にできてた…」
e0127286_22303969.jpg
e0127286_22304914.jpg
e0127286_223108.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-05-13 22:31 | 日常

180度違う新妻のために

お芝居に出る事になりました。
渡辺えり子(改名後:渡辺えり)さん脚本の
「光る時間(とき)」の新妻役…。

新妻。

この響き。
新潟とか新盆とは違うでしょ。
にいづま。
しかも23歳の役。
10歳もサバよんでいいんでしょうか。

このお嫁さん、見た目キャピキャピではじけてて
かわいくて(ちょっとおバカで)、
とりあえずキャピキャピ皆無の私とは全然共通点がない。
これを演じるのはあまりにも難しそうです。

自ら考えた変身のコツは、地声を高くすること。
声のアップダウンをおおげさにすること。
手振り身振りを大きくすること。
甘ったれたしゃべりをすること。

公演は9月だからまだ時間はありますが、
演劇経験のほとんどない私は苦労しそうです。
私がいつもの私と違ってヘンテコになっていたら
それは役作りのためですので許して下さい。

本日の一言。
「例え23で結婚してたとしてもああはならなかったろうに」
e0127286_23331791.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-05-11 23:33 | 演劇

浜名湖SAでさくらんぼ

母の日なので何かサービスしなければと思いました。
  ↓

母は美味しい物を食べさせると喜ぶので、
大好物のアイスクリームがいいなと思っていました。
  ↓

父が今更のように「ETC1000円のありがたみを感じたい」と言い出しました。
  ↓

「母の日」だけどなんとなく父の願いを聞く形になりました。
  ↓

とりあえず3人で車に乗って西へ西へ。
  ↓

私の頭の中はアイスクリーム。
  ↓

浜名湖まで来ました。
  ↓

美味しいアイスクリームが偶然売っていました。
  ↓

みんな幸せになりました。めでたしめでたし。


その浜名湖SAで散歩をしている時に
さくらんぼがなっていました。
まだ若くて、ちゃんと熟していないさくらんぼ。

母「さくらんぼだ!美味しそう!」
私「ああ、でもまだ食べられませんよ。」

それで父と私が先を歩く間に…

母「ぺっ!ぺっ!何コレまだ美味しくない!」

…だから言ったのに。

私「勝手にSAのさくらんぼ食べちゃダメだよ。それにまだ食べられないって言ったのに。あと、毛虫がぜんぜんいないんだから消毒されてる木だと思う。危険だよ。」

父「ま、この人に消毒が効くとは思えないけど。」


本日の一言。
「母の日だよね?」

画像は…
1.浜名湖SAからの眺め
2.浜名湖SAのさくらんぼ
3.うちの庭で育った小さなイチゴ(食べられる)
e0127286_238356.jpg
e0127286_2384541.jpg
e0127286_2385970.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-05-10 23:09 | 日常

レッドクリフ2見てきた

やっと見てきましたレッドクリフ2。
見ようと思っていてまだの方がおられるかもしれないし
ネタバレになるといけないので詳しくは書きませんが…。

ちっとも笑う所じゃないところでツボにハマってしまって
映画館で苦しい思いをしました。
何しろ詳しく語れないのでスポット的に感想を書きます。

1.あのダンゴはバツゲームみたい。

2.孔明がいなかったら良純さんでもOKかも。

3.顔が近いぞ孔明と周瑜。

ぜんぜん関係ありませんが、我が家にあったDON80という、
古くて大きいホッチキスのタマが廃盤になってしまった。
これでこのホッチキスは文鎮か鉄アレイにしか使えなくなってしまったわ。
文房具にも終わりってあるのですね…。

本日の一言。
「ああ、あと“鈍器のようなもの”としても使えるわ」

画像はランチで食べた納豆おろしオムライス。
e0127286_23344749.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-05-08 23:34 | 日常