私の日常をご覧にいれましょう


by happaya-d

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

成長、そして分裂

ひとつの小さなサボテンから2つのサボテンが生えてました。
ウサギの耳みたいに。
そこへもう1つ生えてきて、耳が3つになっていました。

というわけでこの度めでたく分裂。
やりかたがあっているかどうか怪しいのですが…。

ウサギのサボテンで「ウサボン」だったのに、
今はもうウサボンではありませんね。

今のところ…ウサギ、ウサギ耳1、ウサギ耳2、ウサギ耳3。(仮)

本日の一言。
「この勢いならウサギサボテン式にどんどん増え続けてしまう」
e0127286_2231522.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-10-31 02:23 | 日常

狂言なんて久しぶり

今日は狂言を見ました。
「野村万作・萬斎による狂言の世界」
私は狂言は「ぶす」しか見たことなくて、とても楽しみにしてました。

演目は二つで「佐渡狐」と「棒縛り」。
おもしろかった〜。
所作、声が美しいのに加えて、無駄の無い舞いがすばらしくって勉強になりました。
毎度おなじみの正方形舞台と廊下があればどこでも演じることができるとのことで、私達の演劇も狂言の形式をとれば舞台セットにお金がかからないなーと思ってみたり。…無理か。
所作や段取りには数々の約束事があり、お客さん側もそれを把握していてこそなのだそうで、演者とお客さんとで完成する質の高い舞台というわけですね。

本日の一言。
「やっぱり何でも見てみるもんだわ」

画像は女子学生にもらった意味深な短冊
e0127286_23131257.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-10-29 23:13 | 演劇
ヘビーでブルーでグレーな10月がもうすぐ終わります。
全体的に楽しい10月でした。
これが10月でなかったらどんなにいいことか…(-"-;)

というわけで、ハロウィンも近い今日この頃。
大学の売店でチロルチョコハロウィンバージョン箱入りを買ってしまいました。
甘い物を食べると疲れがとれるってね。疲れてないけど♪ (^_^)

授業終了後、一個ずつ口に入れてもぐもぐしながら階段を下りていたら男子学生に見つかり、
「あ、お行儀の悪い先生だ。歩きながら食べちゃダメだぜ。」
と言われました…。なんか懐かしいお小言だなあ。
授業中に学生がカロリーメイトを食べるのは良くて、歩きながらチロルチョコはダメなの…?

本日の一言。
「カボチャ味のチョコはまあまあだな」
e0127286_1634518.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-10-27 16:34 | 日常

疑わしい脳みそに休日を

やることがなくてなくてヒマでどうしょうもない日を3日は作りたいです。
10月はヘビーな思い出が多いため、ブログも滞るし体調も今ひとつだしなのですが、お仕事が忙しいおかげで気が紛れています。
でも、調子に乗ってガンガンやっていたら案の定…元々疑わしい脳みそがさらに危うくなってきました。
とにかく寝たいですし、ぼーーーーっとしたいです。

忙しい忙しいといいながらも、今やらなくてもいいことをわざとやってしまったりするもので、今日はウサギ型サボテンの通称「ウサボン」の植えかえをしました。
まあるいサボテンに2つまあるい耳がついたウサボン。
そのウサボンに子供が生えてきて耳が3つになってました。
その3つをすべてポキポキ折って(…こわい)、それぞれ植えました。
だからウサボンが(もうウサギではない)4つ出来たことになります。

…ほんとーにどうでもよい時間です。
でも、癒されます。

本日の一言。
「どうでもいいことしかブログに書けないヘビーな10月」

画像は器用な男子学生にもらった折り紙の怪獣とマンモス。
e0127286_1481720.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-10-25 01:48 | 日常
ヒーローショーのMCおねえさんを初めてやりました。
…ホントに、気づけば不思議なことをやっている私です。

「みなさんこんにちはー!(こんにちはー!)」ってやる例のアレ。

場所は山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園。
今日(18日)は物産まつりでした。
芝生広場のステージで行われたアトラクションチーム「甲斐座」さんのヒーロー系忍者ショー。
その名も「甲州戦記サクライザーショー」。
富士桜が有名な土地だからだそうです。
サクライザーはおでこに桜のマークが入ったヒーローで、全体的に赤いヒト。
MCも初めてだし、ヒーローものをちゃんと見るのもたぶん初めてですよ。
なんでまた…と思われそうですが、先日出演した演劇の主役の方がこちらのアトラクションチームの一員だったので急遽「MCおねえさん」を依頼されたのです。

本部テントにはちゃんとしたプロのMCおねえさんがいて、総合の進行をやっておられました。
そのおねえさんに紹介されてアトラクションチームのMCおねえさん(私)が登場するという…おねえさんがおねえさんを呼び出す複雑な幕開けでしたが、子供達はあまり気にしていない様子。

このMCおねえさん(私)、どこの世界のMCと同様「大きな声が好き」という性質を持っています。
「こんにちは」は子供達に2回言わせるし、応援の練習で「がんばれ〜!」も2回言わせ、本番中ヒーローのピンチではこれを3回も言わせます。
「ん?声が小さいぞ?」ばかりです。
とりあえず初めての試みでしたが楽しくできました。
甲斐座さんのアトラクションも忍者系だから刀の殺陣が中心でおもしろかったし。
小さな男の子達があこがれるのが分かります。

驚いたのは会場のそばに藤棚のようにあったのは「ぶどう」。
さすが山梨です。普通にぶどうが植わってるなんて…。
せっかくの物産まつりだし、何か山梨のおいしいものを買ってくればよかったかなー。


本日の一言。
「MCはともかく、おねえさんって…いつまで言えることか」
e0127286_0595078.jpg

[PR]
by happaya-d | 2009-10-19 00:50 | 演劇

武術家とゴキブリ

武術大会のパンフ作成のために、先生の事務所へ伺った時のこと。
事務所の外でゴキブリの死体を発見。

「…ゴキブリが死んでる…。」
と私がつぶやくと、先生が
「さっき俺が倒した。」

倒した。
普通、やっつけたとか、退治したとかだけど。
「倒した。」


さすが武術家です。
相手がゴキブリでも闘う時は闘うんですよね。

本日の一言。
「先生のケリは一撃必勝」
[PR]
by happaya-d | 2009-10-05 17:36 | 日常

対岸のお芝居

ちょこっとだけ三途の川を渡ってしまったのですが大丈夫でしょうか?
「親子カンガルー牧場」以来の面白い夢を見てしまいまして、題して「対岸のお芝居」。
これはいいと思って家に絵を習いに来た生徒さんに話したら…これがとても信心深い方なので心配されました。
その後両親にも話しましたが、「車の運転気をつけるように」とか、「どこか体調がおかしかったら医者に行け」など言われ…。
別に怖い夢でもないんだけどな…。

内容をちゃんと書くと長くなってしまうのでカンタンに説明します。
つまり、対岸でお芝居をやっていて、その中の女優さんが私を呼んでくれるのです。私より少し年上だけど、なんとなく私によく似た感じの女性でした。
「こっちのお芝居に出てみない?」
いいなあと思って川を渡って行くと、うしろから私の劇団の人達が止めに来ます。
「そっちに行ってはいけないよ。」
なんとかして対岸に渡ろうとするのを、劇団の皆が歌や食べ物で呼び戻してくれて、私もとうとう諦めます。
そのうち大道具を作った時にできた木の花びらを拾い集める様に言われてその通りにすると、「この花びらは川に流すんだよ。」と誰かがいいます。
これも言われたように川に流すと、木の花びらはみるみる燃えて、光りながら下流へ流れて行きます。
「まるで精霊流しみたい…。」
そう思ってハッとして対岸を見ると、さっきまではお芝居をしていたのに今は真っ暗で、観客の拍手だけが聞こえます。
そこで初めて私は劇団のみんなに
「とてもそうは見えないけど、もしかしてコレって、三途の川ですか?」
すると皆「そうだよ。」。
「どうして教えてくれなかったんですか?渡っちゃうところだったのに…。」
皆の言うには、三途の川は誰でも見ればわかるのだそうです。でも、私には分からなかった。
みんなが「まあ、お芝居初めてだし、わからないことも色々あるよね」と慰めてくれるのですが、私は私によく似た役者さんが私を呼んだのが気になっています。
演出家の方が「じゃあこうしましょう。今後、川の向こうからオファーがあったときは、とりあえず保留にして下さい。連絡先を聞いて後ほど返事をするようにして下さい。その方がいいでしょう。」と言うので私はうなずきました。
川の向こうは真っ暗ですが、さっき流した木の花びらが下流の方でゆらゆらゆれているのが見えました。

以上です。
やっぱり危ない夢でしょうか。
あの時渡ってしまっていたらどうなってたのかな?

本日の一言。
「三途の川は圏外です」
[PR]
by happaya-d | 2009-10-01 23:53 | 演劇