私の日常をご覧にいれましょう


by happaya-d

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

土曜出勤には手作り弁当

土曜日なのに雨が降ってます。
結構しっかり降ってますね。
今朝の天気予報で「地域によっては、どしゃぶりの雨になるでしょう」
と言っていたけど、その時私は聞き間違えて
「むちゃぶりの雨になるでしょう」
だと思ってしまった。

土曜日なのに夫は仕事で出かけていきました。
こういう日はお弁当を作ってあげます。
たいしたものは作れないけど、手作り弁当が好きで彼はすごく喜びます。
その中身は、夕べの晩ご飯に出したカボチャとイノシシの煮物の残りとか…
(あんまり美味しそうじゃない様子で「美味しいよ」と食べていたけどね)
あとはおひたしを作るついでに茹でで炒めたほうれん草のソテーとか…
その他お決まりの焼き鮭、卵焼きなどなど…。
今日は薩摩揚げがあったので入れませんでしたが、
タコさん、カニさん、ペンギンさんのウィンナーを作ることも多いです。
それに毎回1品だけ冷凍食品を加えて出来上がり。
本当は毎日作ってあげたいけど、もっと料理が上手になってからでないとと思っているし。
正直やっぱりちょっと大変だし。
職場の給食弁当は結構安いみたいで手作り弁当による経済的なお得感がまだ見いだせないし。
手作り弁当は何より愛情が詰まっているから良さそうな気がしますが、
作っている側は案外シビアです。
残り物と短時間で作れるモノの総まとめですね。
愛情と言えば、初めて夫にお弁当を作ってあげた時、
当然やるものだと思ってご飯の上に海苔でハートマークを作ってベチョッと貼っておきました。
夫(その頃はまだ彼氏でしたかね)が帰って来て「美味しかった?!」と聞いたら、
「美味しかったけど…一点だけ困ったトコロがある。ハートはちょっと…。」
「ええ?!どうしてですか?」
「恥ずかしいだろ。隣りのヤツに見られちゃった。」
ダメですね〜。
そんなの、ヒューヒュー言われながらガツガツ食べなくちゃ。

実は、土曜出勤でない日でも手作り弁当を作ってあげる日があります。
夫がちょっと苦手なものが給食弁当に出る時です。
手作り弁当ってそんなに嬉しいのかな?と思うけど、
私も昔は母に作ってもらったお弁当が美味しかったのを覚えています。
それに朝から暗くなるまでずっと仕事をしている男の人にとっては、
お昼が何より楽しみですよね。
もう少し料理の腕を磨いてサクサク作れれば、毎日手作り弁当を用意できるんだけどなーと半分は真面目に思っています。

本日の一言。
「私のお昼は同じ残り物の煮物とパスタ」
[PR]
by happaya-d | 2011-11-19 10:39 | 日常

思い出せないあの二人

実家アトリエで仕事を終え、母とリビングでおしゃべりしていた時のこと。
「あのお笑いの人達ってなんて名前だっけ?」
と母が記憶の糸を解き始めました。
でもこれがなかなか進みません。
「ほら!こんななったりあんななったりして…一人はこんな感じの顔でね。」
母の脳みそにはその顔が映し出されているのでしょうが、
表現が強引すぎてまったくわかりません。
「もう一人は…よく覚えてない顔で。」
どうやら二人組のお笑いコンビらしいのですが、私だって詳しくありません。
「こんなことやってたじゃない、ホラ!」
とモノマネまでやってくれるのですが、たぶんこれが似ていない。
でも、本来二人でやるはずのその動きを母一人で一生懸命真似ているようです。
しばらくそのヘンテコなモノマネを眺めているうちに、
突然私の脳みそにも二人組の映像が降りてきました。
「あ〜!わかったわかった!」
「ホント?なんて名前?」
「…なんだっけ?」
顔も芸もくっきりはっきり思い出せるのに、コンビ名が出てきません。
たしかひらがなで、文字数は少なかったような。
結局2人で必死に考えて思い出せず。
スッキリしないまま帰りました。

アパートに帰ってきて、ふとした瞬間に…
「あ。」
と思い出した私です。

本日の一言。
「その二人は “はんにゃ” でした」

画像は色鉛筆で描いた女性の絵

e0127286_16375458.jpg

[PR]
by happaya-d | 2011-11-17 16:32 | 日常

立派なお腹

今日は検診の日でした。
もう36週を超えたので、1週間ごとに産婦人科へ行きます。
順調、異常なし。
赤ちゃんも2600グラムを越え、早めに出てきてももう大丈夫。
そういう先生の一言。
「お腹はかなり立派ですね。まあ普通の範囲ですが。」
褒められたのか?要注意なのか?
「あの、お腹が立派なのは赤ちゃんがですか?私がですか?」
「もちろんお母さんのお腹です。」

…知らなかった。
むしろちょっと小さめだと思っていたのに、
このお腹は立派な方なんだ。
へえー。

そして、今日は3Dで子供の顔が久しぶりにバッチリ見えました!
オタフクみたいに丸い顔で両手を顔の前でかざして踊っているみたい。
ああ、ちゃんと育っているなあ。

ついでに昨日考えていた里帰りの時期の話を先生にしてみました。
20日が良いのか27日でも大丈夫なのか。
先生の言うには、そもそも実家が産婦人科に近いので迷うと思うけれど、
人によってはその実家自体が隣町で何十分もかかる所から通っている人もいると。
お腹が張ったりして不安になってくれば早い時期から実家にいれば安心だけれど、
20日か27日かは別にどちらでも変わらず、どちらも早すぎず遅すぎない。
大丈夫ですよ、と。
「先生、命にかかわりませんかね?」
と尋ねると、先生はにっこり笑って
「さあねえ。」

本日の一言。
「お腹を褒められたのは初めて。」
[PR]
by happaya-d | 2011-11-16 20:16 | 子供

里帰り出産はじわじわと

今住んでいるのが富士宮市で実家は富士市で。
車の移動時間は35分〜40分くらいです。
里帰り出産というほどでもないけれど、今月の良い時期に実家に戻る予定です。
その時に夫も一緒に実家に泊まってもらいたいなあと思っています。
彼の夕食や洗濯が心配というのが表向きの理由ですが、
でも夫は一人暮らしが長かったので本当はあまり問題ありません。
それよりも何よりも「なんとなく」側にいてもらいたいのが正直な所です。
うまく言えないけど癒し系で。
実家のポテト(犬)とはまた違った形の癒し系生物です。
どんぐりとか、マリモとか、そういう存在感ですか。

今月20日頃から実家に行く話だったのですが、
あんまり「妻の実家に泊まる生活」が連続して長いと彼も気を遣うかなと思い、
一週間遅らせて27日くらいからがいいかなと。
もちろん私の体調しだいでは私だけ先に実家へ行くことになります。
この話を母にしたら、
「20日はやっぱり早いわね。12月9日予定日だから19日前だし。27日ならいいんじゃないの。」
ということ。
一方、その母が父にこの話をしたら、
「人の命に関わることだからできるだけ早い方がいいんだが…。あまり親が色々口を出すわけにもいかないし…。」
と言っていたそうで。

「人の命に関わる」

うーーーーーーーーん。
20日から実家にいれば安心で、27日からだと心配だと。
妊娠してから色んな人の話を聞きましたが、
出産経験のある母世代の方達や周りの女友達の話は割と
「テキトーよ。」「あまり不安にならない方がいいよ。」
という印象が多く神経質な感じはなく。
逆に男性の話はとても心配心配で
「何かあったら大変だ」「命に関わる」「産後3か月はじっとしていた方が」
などなど。←主婦はそういうわけにも…(汗)
現に絵の同好会でも市内3ヶ所で行っていたうち
1ヶ所のみが閉鎖になりましたが、
どうも大半の生徒さん達は普通に続けたかったみたいでして
唯一の男性だったリーダーの方がとても心配して閉鎖に導いたと聞いています。
あとの2ヶ所は私が出産してちょっと休む間は生徒さんだけで自習活動をし、
私が復帰してからは今まで通り教室を行う予定。
実際に子供を産んできた女性達のたくましさと、意外に「平気よ」という意見が印象的でした。
子供の生命力と自分の体力を信じて、結局は「母である自分がなんとかするしかない」という説得力があります。

私の父は心配症でハリキリ屋さんなので私と夫の里帰りをすごく楽しみにして部屋を整えてくれています。
自分のリフォーム上手のお手柄をいつも披露してくれますが、
それでも私のお腹の子が動いたりするのをあまり見ようとしません。
もしかして怖いんでしょうか…?(^-^;)

一方夫は、やっぱり長期連続して自分の家ではない場所に泊まり込むのは多少気を遣うようです。
アパートと私の実家を行ったり来たりしてもらいながら、父のお手柄を褒めてくれると助かるなあと思います。

本日の一言。
「一番聞きたいのはお腹の子の意見だけど」
[PR]
by happaya-d | 2011-11-15 09:49 | 子供

ワガママな彼女

今日は晴れましたね~。
このところ週末はいつも雨ばかりだったけど。
というわけで、この日曜日も土地探しの旅です。
夫と2人(お腹に子供がいるので本当は3人だけど♪)ドライブを兼ねてウロウロ。
私達は富士山の見える場所を求めているので、こんな晴れの日は「富士山チェック」が出来るということで土地探しにはピッタリです。
それにしても富士宮市の南西から徐々にいろんな物件を訪ねているうちにとうとう田貫湖あたりまで足を伸ばしてしまいました。
夫の職場は山梨県南部町…だんだん通いづらくなっています。
もしこんな遠方で「これだ!」という物件を見つけてしまったらどうしよう。
都会でもないのに通勤片道1時間以上とか。

その後、山梨の家へ行き、私はパソコンで仕事。
夫は車検に備えて車を整備。(なぜだ)
猫のメロンが私の仕事を邪魔して膝に乗ってきますが、
お腹が大きいためのんびり乗れるスペースがないようです。
忙しかったため軽くあしらっていたらスネてしまいました。
ちょっと時間ができて「メロン?」と振り返るとソファの上でバナナみたいに目を細くして睨み、ブスッとしています。
「にゃー」と言ってもなかなか返事をしてくれません。
私も悪かったけどさ、仕方ないでしょう仕事なんだから。
「私と仕事とどっちが大事なの?!」みたいなことですか?
それに答えるなら、
「もちろん君だよ。僕は君のために仕事をしているんだ。」とかね。
やれやれ。
呼んだ時にすぐに来ないし、忙しくなると来て邪魔するし、ちょっと相手にしないと怒るし。
こんな感じの彼女っているよね。

本日の一言。
「こんな感じの彼女がキライかっていうと、そうでもないけどね」

画像はまだスネているメロン

e0127286_165929.jpg

[PR]
by happaya-d | 2011-11-13 16:03 | 日常
今日は割と良い天気でしたね。暖かかったし。
家を建てる為の土地探しに休日を使っている私達夫婦です。
便利でキレイな分譲地ではなく、どちらかというと田舎暮らしの安く広い土地をさがしています。
市街化調整区域という呪いにかかってしまい、なかなか家を建てられる物件にあたりませんが…。

今日もネットで気になった土地をグルグル見て回り、不動産屋さんを訪ねたりして。
でも、「これだ!」というのがないんですよ。
探す範囲もどんどん広範囲になってしまって、このままだと夫は職場まですごく遠くなりそうです。
それにあちこちの不動産屋さんを訪ねていますから、
そのうち「ログハウス建てたがっているダンナさんとお腹の大きい奥さん」で不動産業界で有名になりそうです。

・100坪以上
・1000万円以下
・のどかな所
・日当たり風通しがよい
・できれば富士山が見える
・子供が小学校に通える
・周りは家が密集していない

こんな条件で探しています。
別荘地なんかだと結構いいのがあるのですが、森の中だったりするんですよ。
山を背にしている高台で見晴らしが良かったりするとかなり希望とおりですが。
それにしても今日会った不動産屋さんは中村雅俊によく似ていたわ。

本日の一言。
「夫は、所ジョージに似てたと言っていたけど」
[PR]
by happaya-d | 2011-11-12 22:02 | 日常

さて本日から臨月とか

「1」がいっぱい並ぶこの日に、本日から私は臨月に突入です。
それにしてもよく動く子です。
この雨ふり、なんとなく寒いし仕事はボチボチであまり捗らず…。
お腹の中だけが活発です。
もうお昼だしちょっと外に出て何か食べてこようかな?

そういえば昨日、愛車ベリーサ通称「ベリさん」でお出掛け中に
何気なくアクセルをちょこっと強めに踏んだら…
「急発進です。安全運転を心掛けましょう。」
と車に怒られた!
なに?今の?カーナビがしゃべってるの?
ちょっとしたショックと感動を覚えまして。
夕べ夫にその話をしたら、
「…なんで急発進なんかしたんだ。」
と…。
イヤ、まあ、あの。
私が共感して欲しいのはそこじゃないんだけど。
また怒られた〜。

本日の一言。
「でも車の方が怖かった」

画像は色鉛筆で描いたシェルティ

e0127286_11531314.jpg

[PR]
by happaya-d | 2011-11-11 11:53 | 子供