人気ブログランキング |

私の日常をご覧にいれましょう


by happaya-d

消えた鎌足の真実

今朝、めずらしく父が2階に上がってきて私の部屋に来ました。

父「おっかしいんだよなー。金魚がいないんだよ。」

【我が家の金魚】
名前:藤原鎌足。
10年以上前、金魚すくいで私がゲットした和金。
柿本人麻呂、中大兄皇子と共に水槽の中で暮らしていた。
他の2匹がこの世を去った後は競争もなく1匹でのんびりエサを食べる日々。
年々大きくなり、体長15センチくらいにはなっていた。

それが今朝、こつ然と消えていることに気づいたそうです。
時系列に事情を整理すると次の通り。

昨夜
19:00 母が最後にカウンターの上の金魚を確認。
22:00 父とポテトが水槽の前を通って父の寝室へ。ドアは閉めている。
24:00 母と帰省中の兄が就寝、2Fへ。この時金魚は見ていない。
24:10 私、友達と食べた夕食の焼肉とビールとアイスのタタリでお腹を壊し、トイレにしばらくこもる。
25:00 私、キッチンで水をもらって就寝。水槽の前を通るが金魚に気づかず。

今朝
5:00 父起床。ポテトはまだ父の部屋でねぼけ中。
5:30 父ゴミ出し。水槽の前を通るが違和感なし。
6:30 母起床。うろうろするも水槽の中に注意を払わず。この時ポテトはキッチンの隣のリビングでのんびりしているのを目撃される。
7:00 兄起床。朝食の仕度。水槽の前で作業するが何も気づかず。
7:30 私起床。ぼーっとしながら自室で着替えなど。
7:40 ポテト朝食。そしてみんなが金魚がいないことに気づく。

つまり、夕べ母が夕食の後片付けで食器を洗っている時に
(目のやり場として)金魚を確認してからは
家族全員が水槽の前をうろうろしているのに、
誰も金魚を意識していなかったということですね。

真っ先に疑われたのはポテトと兄です。
ポテトから見ると鎌足は先輩であり、
ゴハンをもらう順番も金魚の次というお約束を守ってきました。
でも、最近その順番がいつの間にか逆転していたのも事実です。
ひらひら泳ぐ魚を見て「いつか食べてみたい」と思っていたかもしれません。
ただ、猫でもないのにカウンターに乗り、
色んなものの乗っているカウンターの上を
何も倒さずに水槽まで歩いてさらに中から金魚を獲るのは不可能です。
ただでさえトロいポテトだし、昆虫を見てもぼーっと見ているしか出来ない子です。

一方、兄は無類の魚好きです。
一人暮らしをしていても魚中心の食生活。
得意料理はサンマの蒲焼きです。
おまけに、時々は帰ってきますが基本的に家を出ているので
鎌足との思い出が兄にはありません。
水槽は生け簀に、金魚は食材に見えていた可能性もあります。
ただ、兄はとても大人しく人畜無害です。
何か生き物を殺している所を見たのはクモとゴキブリくらいでしょうか。
しかも「うわーっうわーっ」と言いながらちょっとびびっての殺生でした。
第一ゴミを確認しても魚をおろした跡がありません。
そして本人は「今回は殺ってないし。」と言っています。

だいたい、水槽には蓋がありました。
これがはずれていないからポテトには犯行は不可能です。
かろうじて4センチ×15センチくらいの窓があいているので
そこから金魚自身がピョーンと出てしまうこともあるかもしれない。
でも、それはプリンセステンコーなみの難易度です。

動機はあるが手段のないポテト、動機は薄いが手段のある兄…。

どんなにカウンター周りを捜索しても、鎌足は見つかりませんでした。
しまいには『ドロボー現金を見つけられず代わりに金魚を誘拐説』まで浮上。
不思議だ不思議だと言っていたとき…

「あ。」

それを発見したのは私でした。
水槽のあるカウンター下の床。
小さくてわかりにくいけど、2、3枚の赤いウロコがありました。

「ウ…ウロコが!やっぱり現場はここです。」

間違いなくそれは鎌足のウロコでした。

「そして、犯人は…あなたです!」

当然ポテト。
しかし直接の死因は水槽脱出による窒息死だと思います。
ゆうべ25:00に私が寝てから、今朝5:00に父が起きるまでの4時間。
いつなのかわかりませんが水槽の蓋の小さな窓から鎌足は飛び出したのでしょう。
それはほとんどミラクルな確率でしたが前例はあるのです。
以前に飛び出した時は発見が早く、鎌足は助かっています。
しかし今回は運悪く真夜中の事故で誰にも気づかれませんでした…。
朝5:00に父が起き、5:30にゴミ捨て。その間鎌足はテーブルの下にいたはずです。
既に息をひきとっていたでしょうから、ピチピチすることもありません。
そして、母が起きる6:30までの1時間。
いつの間にか起きて父の部屋を出たポテトだけが視線が低く、テーブルの下に落ちていた鎌足に気づいたのでした。

元先輩、しかし既に亡くなっている。
前足でつつくも鼻でつつくも動く様子なし。
ポテトはお腹をすかせています。
「食べて供養」なんてことは多分ポテトは考えなかったと思いますが。

ポテトの容疑が濃厚になった頃、物証が出ました。
午後、ポテトが出したウンコ。
ごくごく普通のありふれたウンコでしたが、
よく見るとキラキラ光る透明のウロコが。
ああ、やはりポテトの糧になっていましたか…。

10年選手の藤原鎌足金魚。
まさかこんな形でさよならするとは思いませんでしたが、
いままで見送ってきた金魚達とくらべてなぜかあまり悲しくないのは
遺体を見る事ができなかったせいなのか、
それとも生き物が生き物を食べて自然に帰ったからなのか…。
なんにしても長年我が家にいてくれてありがとう。

本日の一言。
「さよなら鎌足」
e0127286_17565220.jpg

by happaya-d | 2009-05-25 17:56 |