人気ブログランキング |

私の日常をご覧にいれましょう


by happaya-d

徳島ミニ旅行 2

昨日の日記にも画像を載せましたので見て下さいね。

さて二日目。
今日は一日中、雨でした〜。

予定していたお墓参りが明日になり、思い切り時間を持て余すことになりそう。
しかも、
「せっかく四国まで来たのに、なんにも美味しいものが食べられない」
とだだをこねていた母をゆうべ私が
「お父さんの親戚のために来ているんだからわがままを言ってはいけない」
と叱ったばかり。
加えて天気が悪いとなるとますます空気が重くなるわけです。

そこで父(母に甘いタフな人)が提案!

「桑野村へ行こう!!」

どんなテーマパークだと思われそうですが、そういう地名です。
「桑野」はうちの名字。
その地名の場所があるというのは以前から聞いていました。
しかも、この徳島は父側の本家がある所です。
ひょっとしたら「桑野家」発祥の地かもしれない…かなと。

カーナビで「桑野」という所を探してみると、現在は村ではなく、阿南市桑野町になっているようです。
あるある!桑野駅!桑野川!桑野小学校!桑野自動車学校!すごーい!

で、徳島市から出かけてみれば…意外と近かった。
そして、「桑野町」は気持ちの良いくらいのどかな所でした。
駅もちっちゃくてかわいい。
私と父だけ盛り上がって写真を撮ったり、意味もなく記念に切符を購入してみたり…。

さて…。

母に何か美味しいものを食べさせなければ…。
父と私の胸には同じ使命感が。

父「今から35年前、徳島のずっと南の方で海賊料理を食べたらうまかった。」

海賊料理とは…網の上で贅沢な部類の貝類を生きたまま焼いてじゃんじゃん食べる豪快なお食事です。

そんなわけでちょっと遠いけど、ナビにまかせてでかけることにしました。
いざ、海賊料理の旅に。
このナビがくせ者でして、どう気をきかせてくれたのか山ばっかり通してくれました。
所々に「海賊料理」の看板が見え始め、近づいてきたのがわかります。

ただ…気になるのは、「海賊料理」なのに、山道にばかりお店があること。

私「海賊料理の看板を見つけるたびに山の中なんだけど、変じゃないですか?」
父「山賊料理だったりして。」
私「鹿とかイノシシとか?」
父「わらびとかキノコかもしれない。」

途中、濃霧の中、怖くなってしまった母が
「霧が濃いよ。帰ろうよ。」
と言い出し、「あんたの為にお店を探してるんだ!」という言葉を空腹のお腹にしまい込み…

ようやく見つけました!
その名も「海賊の家」というお店。
海に浮かんだ浮き座敷で食べる海賊料理。これだよ!

大アサリ・ヒオウギ・サザエ・伊勢エビの網焼き。
アワビ・鯛・ホタテの刺身
あと、よく知らない貝類の煮物。
エビがばしっと入ったお味噌汁。

なかなかボリュームがあってすごかったですよ。
これで母も満足したでしょう。
思った通り、

母「来て良かった。十分満足したからもうわがままは言わない。」

本日の一言。
「ポテトは文句ひとつ言わずにお利口。」

画像は…
1.桑野駅
2.海賊料理、貝
3.海賊料理、伊勢エビ
e0127286_23584456.jpg
e0127286_23594193.jpg
e0127286_013783.jpg

by happaya-d | 2008-05-24 23:57 | 旅行記