私の日常をご覧にいれましょう


by happaya-d

靴の記憶

実家のアトリエで仕事をしている時に、父が現れて
「お前の靴、もういらないのがあれば整理したいんだけど」と。
もう私のものなのか母のものなのかもよくわからないほどゴチャゴチャしているらしい。
見れば私自身も記憶が怪しく、確かに自分で買ったものならわかるけれど、人からもらったものなどは本当に覚えがなくなっている。
演劇に使えるかもしれないからという理由で頂いたものは面白いデザインの靴も多いが、実際普段は履くことがないため不思議なほど見覚えが無い。
そんな中、父がさらに不思議なことを言ってきた。

「それにしても、あの靴どこ行っちゃったんだろうなあ。お前が結婚する前に買ってやった高い派手な靴。いくら探してもないみたいだけど、どうしたんだろう。」

ぜんぜん覚えていない靴エピソードだ。
「高いって、どのくらい?」
と訊くと、
「もう、かかと15センチくらいはあった。」
なんだ、そっちの高さか。
値段は2万円ほどらしい。
靴としては普通だが、それでも万単位のものを親に買ってもらって全く記憶がないのも困りものだ。
「派手って、何色?」
と訊くと、
「ベージュだったか茶色だったか…。」
派手というわりには大人しい色だけど、デザインに特徴があるらしく、私はそれが気に入ってほしいと思ったとのこと。
だったらなぜ買った記憶も履いた記憶もないのか…。

父の言うには、私はその特徴的に高くて派手な靴を買ってもらった直後に今の夫と結婚すると言い出したらしい。
夫は私より背が高いけれど、その特徴的に高い靴を履いてしまうとバランスがとれないため、もうあまり履けないわと言ったという。
結局その靴を履いたのは1度か2度だろうと父は言うけれど、それにしてもそんな理由で気に入った靴を履かなくなるだろうか。

かかとが高くて、ベージュか茶色で、特徴的なデザインの2万円くらいの靴。
私なら確かに選びそうな気がするけど…。
さらに父は不思議発言の上塗りをした。

「だいたい、その靴だけじゃなくてもう一足買ったんだ。それも見当たらない。」

もう絶対違うと思う。
いくらなんでも、二足も親に買ってもらって少しも記憶がないなんて恐ろしすぎる。
それも1000円の健康サンダルや長靴ではないのだ。
2万円を二足。
どうしよう?
私大丈夫だろうか?
それとも父の心配をしたほうがいいのかな。

画像はだいぶ前に描いた靴。これは覚えている。母のもので今はもうない。
e0127286_3302082.jpg

[PR]
# by happaya-d | 2014-10-15 03:34 | 日常

描きたいものは何か

絵の講師をやっていていつも思うことは、生徒さん達が「なぜ絵を習いたいのか」ということ。
絵を上手に描きたいから、だろうなとは思う。
美大を目指す高校生や、プロとして絵で食べていこうとしている人達は全く目的が違う。
しかし少なくとも私の生徒さん達は地域で趣味として習っている大人達であり、私の所へ初めて来た頃には初心者だった方が多い。
多くの人が、「本物そっくりにコピー」できるようになりたいと願っている。
特に間違いではない。
それも楽しいし面白い作業ではあるし。
でも、いつか思うかもしれない。
「なぜ、目の前のものをコピーしているんだろう」
別に思わないかもしれない。
それでもいいけれど…。
私は文化祭の季節、ちょうど今頃になるといつも言うことがある。
「自分が何を描きたいのかをよく考えてください」
これは例えば「海を描きたい」とか「桜を描きたい」とか、そういうことを考えてという意味ではない。
言い換えれば、「なぜそれを描きたくなったのか、よく考えて」ということだ。
「朝日が映って輝く海が懐かしいから」なのか、「次から次へと降り注ぐ桜吹雪で心が豊かになるから」なのか。
朝日の海や桜並木などを描く場合、写真を見つけて来て描くことが多い。
皆、その写真とそっくりになるようにそれはそれは頑張っている。
「何か違う、同じ色が出ない。」「木を大きく描きすぎてしまった。」
しかし、本当に大事なことはそういうことではない。
なぜ、描くのか。
「懐かしい気持ちになりたいから」「心が豊かになりたいから」
一番描きたい自分の心が描けているかどうか。
輝く海の写真は何年か経ってもう一度見て、再び懐かしい気持ちになるかどうかわからないけれど、自分の心を表現できている自分の絵は何年経ってもその気持ちを呼び覚ますことができる。
つまり、写真よりも懐かしく海を輝かせ、写真よりも心豊かに桜吹雪を舞わせるということ。
描きたい理由がはっきりあるなら、写真に遠慮する必要はない。
普段は皆、私が描いた手本を見ながら課題の絵を描いている。
写真同様、私の手本など軽々超えてかまわない。
いや、それどころか無視して好きな絵を描いてもらっていい。
仕事でやっている以上、何も配らないわけにはいかないと思って毎回手本を作って配っているけれど、本当は皆自分の興味があるものを描くのが一番いい。
絵を描くこと。それは自分の心がどうなりたいのかを描くこと。
そして次には、自分以外の誰かの心をどう振るわせたいのか。

画像は娘のお昼寝の顔。
絵を描くために笑顔でこちらを見ている写真を撮ろうとしたが全くうまくいかない。
困り果てた頃、寝入ったのをきっかけに慌てて描いたもの。
そのうちこの子もカメラを見て笑顔を作るようになる。
今はそれをしない。
でも、それがいい。
e0127286_2328969.jpg

[PR]
# by happaya-d | 2014-10-14 00:20 | お仕事
富士市ロゼ・シアターで開催されている若手アーティストの展示会『モモクリテン』。
2年に一度のグループ展で、私もここ十年ほど参加していました。
でも今年はさすがに子供二人の隙間を縫って絵を描くのは難しくお休み。
娘だけ連れてお客さんの立場でゆっくり見させて頂きました。
明後日18日(日)までやっていますよ。
描写のスゴイ絵画やひたすら可愛いオブジェなど、
アートに興味のある人ない人問わず「ほーうう」と楽しめる作品ばかりです。

画像はあしざわまさひと先輩の「食べられる」系の作品!
娘を食べさせてしまいました。

本日の一言。
「娘を食べさせて、“食べごろ”という作品になった瞬間」
e0127286_16174929.jpg
e0127286_16172821.jpg

[PR]
# by happaya-d | 2014-05-16 16:17 | 日常

実家で缶詰作業

時々やっている取扱説明書の仕事。
スラックスハンガーの組み立て方をひたすらイラストレーターで描いているんだけど…。
今回は原稿がないため、ない脳みそをぎゅぎゅっとしぼって3次元を頭の中でぐるぐるしています。
でもまだ出来上がらない…。
子供二人が部屋中をゴロゴロしていて時々泣いたり飛びついてきたり…。

と、いうわけで、実家へ。
息子はじいじと仲良く遊び、娘にはおっぱいを「まあ飲め、まあ飲め」状態で飲ませ寝かせ。
私は一人2階のアトリエにこもって作業をしました。
まだ、途中。
でもそろそろ帰って夕飯作らなきゃ!
今夜は夜中に起きて作業だな…。

本日の一言。
「私の頭は2次元まで」
[PR]
# by happaya-d | 2014-05-09 16:10 | お仕事

富士芝桜まつり

e0127286_1411292.jpg

家族4人で富士芝桜まつりへ。
去年も同じ時期に行ったけれど今年は咲き揃うのが遅いのかまだ四分咲きだった。
富士山が世界文化遺産になったからだと思うけど、ミニ芝桜富士山ができていてキレイ。

本日の一言。
「グルメもいっぱい」
[PR]
# by happaya-d | 2014-05-08 01:41 | 日常